教授・スタッフ紹介

教授・スタッフ紹介

教授・講座主任: 杉下 智彦(Tomohiko Sugishita)


専門領域: グローバルヘルス学/公衆衛生学・疫学/地域保健学/医療人類学/医療マネジメント学

Message

本講座は、グローバルな健康課題を考え、解決する、国際女性医療人を目指す方のための講座です。また、医療分野のみならず、高齢化、少子化、途上国の様々な健康課題といった他分野とも連携しながら、新しい社会をデザインしていく挑戦をしています。ぜひ本講座で学んでいただき、グローバルな視点をもった女性医療人として、持続可能な世界、そして地球のために、私たちと共に次の社会を創っていきましょう。

略歴

1990年東北大学医学部を卒業。聖路加国際病院にて外科レジデント、チーフレジデントを経て、東北大学心臓外科医局にて心臓移植の研究。1995年から約3年間、青年海外協力隊に参加(マラウイ共和国)。国立ゾンバ病院の外科医長として活動。その後、ハーバード大学公衆衛生大学院(国際保健)、ロンドン大学大学院(医療人類学)に留学。2001年よりタンザニア共和国モロゴロ州保健行政強化プロジェクトのチーフ・アドバイザーとして約4年間活動。2006年よりJICA人間開発部課題アドバイザーとして保健システム案件の立案や技術支援を行う。2009年よりケニア国ニャンザ州保健マネージメント強化プロジェクトのチーフ・アドバイザー。2011年よりケニア国公衆衛生省アドバイザーを兼任。2013年にケニアより帰国し、JICA国際協力専門員としてSDGsやUniversal Health Coverageなどのアジェンダ策定の国際委員などを務める。2016年10月より東京女子医科大学、国際環境・熱帯医学講座教授/講座主任に就任。日本国際保健医療学理事。世界ワクチン基金元技術審査委員。野口英世アフリカ賞医療活動部門選考委員など。2016年第44回医療功労賞受賞。


講師: 塚原 高広(Takahiro Tukahara)


専門領域: 国際保健学/生態人類学/医療経済学/総合診療  さらに詳しく ⇒ コチラ

Message

パプアニューギニアでマラリア疫学調査を2001年より行ってきました。マラリアには有効な診断治療法があり、医療サービスの適切な提供と住民の利用率向上が対策の柱の一つです。自ら質問票を開発し現地で情報収集行い、疫学・人類学・経済学を併用した学際的な分析から有効な医療対策を提言することを目指しています。今後は、生活習慣病、栄養問題にも取り組みたいと考えています。現場に根ざした研究を志す方を募集しています。


助教: 本間 一(Hajime Honma)


専門領域: 原虫学

Message
マラリアはおもに熱帯・亜熱帯地域で問題となっている寄生虫病の一種です。マラリアを引き起こすマラリア原虫を対象にDNAシーケンサーから得られるデータを用いてゲノム解析を行っています。

助教: 吉井 亜希子(Akiko Yoshii)


専門領域: 国際保健

Message
学生の頃から、国際保健に興味を持っていました。途上国の子供の健康に関わる仕事をしたいと思い、2年前から当教室に入りました。私自身も子育て中ですが、短期間でもパプアニューギニアへ調査に行く機会を得ることもできました。家族や職場の方々の協力で、毎日とても楽しく仕事ができることに感謝しています。

助教: 凪 幸世(Sachiyo Nagi )


専門領域: 国際保健学

Message

これまで開発途上国における地域保健・医療や教育活動を通して公衆衛生の向上に取り組んできました。これから、人々の健康に寄与するための科学的根拠の提示と、その過程を一人でも多くの方々と共に学びを深めることで社会に貢献することを願っています。


非常勤講師: 佐久間 さき(Saki Sakuma)


専門領域: 国際保健/母子保健

Message

東京女子医科大の卒業生です。旅行が大好きで、学生のころはバックパッカーでインドやタイを旅しました。5年生のときの選択実習(クラークシップ)でバヌアツ共和国に行かせていただいた経験は、その後の人生に大きな影響を与えてくれたと思います。現在、絶賛子育て中で、ワーク・ライフ・バランスという大きな課題を身を持って体験しています。


臨床検査副技師長: 高橋 延之(Nobuyuki Takahashi


専門領域: 臨床検査学 寄生虫学

Message
実験およびその他、技術的な面で仕事をしております。また途上国でのフィールド調査にも同行させていただき、貴重な経験も積ませていただいています。途上国に於いてマラリアをはじめとする寄生虫疾患は、そこに暮らす人々にとって未だ健康上の大きな脅威です。ラボでの結果が研究成果となり直接的、間接的にフィールドへ還元され、そこに暮らす人々の健康向上に役立てばという想いで仕事をしています。寄生虫の世界はミクロからマクロまで!レアな分野ですが面白いですよ。

研究補助: 鈴木 朋子(Tomoko Suzuki)


 Message

寄生虫学は全くの素人でしたが、農芸化学の経験からゲノム解析に関する実験のお手伝いをしています。マラリアに関しても常に勉強中、という感じですが学生さんのフォローなどもお役に立てればと思います。


研究生: 町井 恵里(Eri Machii)


NPO法人 AfriMedico 理事

研究生: 地引英理子(Eriko Jibiki)


国立国際医療研究センター グローバルヘルス人材戦略センター 人材情報解析官
 
 

研究生: 古田 国之(Kuniyuki Furuta)


レキオ・パワー・テクノロジー株式会社
 
 

PAGE TOP