私たちと一緒に、グローバルな課題解決に挑戦しませんか?

当教室は熱帯医学研究部門(マラリア遺伝子研究)/地域学際研究部門(フィールド研究)/グローバルヘルス研究部門(国際保健政策研究)
3部門が連携し、日本をリードする問題解決型・参加型の医学教育を通じて
SDGs(持続可能な開発目標)の実現を目指し、グローバルな課題を解決する次世代リーダーを育成します。

また、高齢化・少子化・途上国のさまざまな健康課題などのいわゆる社会課題に対し、
医療分野のみならず、他分野と積極的に連携しながら
「社会デザイン」という新しい価値観を創造していくような研究、活動に取り組んで参ります。

TWMU GLOBAL GATEWAY

  1. 記事が「国際開発ジャーナル10月号」に掲載されました
  2. BSテレビ東京ドキュメンタリー 「その挑戦は、国境を越える 感染症の克服をめざして」
  3. エジプト日本教育パートナーシップ(EJEP)研修開始
  4. プレスリリース「地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)の研究に参加」
  5. 「国立保健医療科学院公開シンポジウム2019」基調講演
  6. 第5回アフリカ健康フォーラムを開催いたします
  7. フィスチュラシンポジウム2019を開催いたします
  8. 吉井助教の論文が掲載されました
  9. 記事が「国際開発ジャーナル3月号」に記載されました
最新のお知らせ一覧

命を大切する豊かな社会を創造する次世代リーダーの育成を目指して

当教室は白坂龍雄教授が主宰されてきた寄生虫学教室を、寄生虫のみならずグローバルな健康問題に取り組むため、
1993年の小早川隆敏教授の就任を機に国際環境・熱帯医学教室に改組されました。
以来、寄生虫感染症・熱帯感染症分野と国際保健分野の2つのアプローチから教育・研究を行ってきました。
2009年には遠藤弘良教授が、2016年には杉下智彦教授が講座主任に就任し、
これまでのフィールドとベンチという2つのアプローチを車の両輪のようにバランス良く発展させ、
さらにその教育・研究成果を国の国際協力やWHO等の国際レベルの政策に反映させる努力をしています。

PAGE TOP